やさしさ志向

むしろ、攻撃的でない男性のほうが社会に適応できる場合さえあります。とくに、組織化された社会ではそうだといえます。最近の若い女性が「やさしい男性がいい」とよく言うのも、あながち的外れなことではありません。たしかに、アメリカの西部開拓時代、あるいは日本の高度経済成長期のような時期なら、肉体的・精神的な力があり、攻撃的、支配的、強力性の強い男性はメリットがありました。ところが、逆にゼロサム的な社会、やさしさ志向の社会になると、そういう人間の存在は嫌われることになります。やさしい社会、ゼロサム的な社会の中では、むしろ弱肉強食ということは起こり難くなります。むしろ、さまざまな人が棲み分けていかざるを得ないのです。動乱の時代、あるいは戦国時代であれば絶対この人が指導者にふさわしいと思われるような人も、現代は地団駄を踏みながら影にかくれているより仕方がありません。そういう時代であるからこそ、女性もアッシー君やメッシー君、あるいはみつぐ君などといった優しい男性を志向するわけです。女性も、そうした社会の変化を、直観的に感じとっているのでしょう。これは女性の生存本能、つまりDNAのなせるわざと言っていいかもしれません。もちろん、女性の中にはもっと野性的な部分を重視する人もいます。そうした人の場合はやはり、力が強く、たくましい男性を選ぶことでしょう。それにしても、世の中の夫婦を見ていると、美男美女の組み合わせもあれば、醜男と不器量な女性、あるいは大変な美男子に不器量な女性、その逆に美女に醜男など、実にさまざまな組み合わせがあります。しかし、たいていの場合、うまく釣り合いがとれているように見受けます。もし、あなたが恋愛向きなら、←ここで将来の結婚に向けて経験値を増やしましょう。

EZ130_L

Comments are closed.