配偶行動の相手

また、やせ型の人はドーパミン過剰型ですから、場合によっては精神病になったり、神の声を聞いたり、あるいは予知能力があったりする、教祖あるいは予言者タイプであるともいえます。やせ型の人はおうおうにして神秘的な魅力をもっているものです。そのうえに色が白く、鼻筋も通っていて、なおかつクールな感じであればなおさらでしょう。これに対して筋肉質の男性は、几帳面で細かくて粘り強く、同時に攻撃的、爆発的な性格である傾向があるようです。こういう人たちは危険や肉体的な危難に強く、辛抱強い、上長に忠実であるといった性質があり〃戦士向き″です。よい主君に恵まれれば〃豪勇の武士″になります。今日でも、企業がスポーツマンを採用したがるのは、この筋肉質タイプの人間性を求めているのかもしれません。女性から見ると、筋肉質の男性は体力があるので、遺伝子のサバイバルというレベルでは好ましいと思われるでしょう。しかし、筋肉質の男性は一般に、繊細な神経に乏しいところがあります。しかも、細かいことにうるさく、ときどき爆発的に怒るタイプですから、昨今のような社会状況にあっては、「配偶行動」の相手としては異性から見て敬遠されるかもしれませむしろ、最近注目すべきことは、筋肉質の女性が男性に人気がでてきたことです。たしかにスポーツウーマンに代表される筋肉質の女性は、男女を問わず人気があるようです。これには、二つ理由があります。これを読んでいれば、ここ→で、出会った人はあなたから離れられないかも。

EZ171_L 出典:

Comments are closed.